病棟

医療機関の専門治療で回復|高脂血症等の症状は進行を防げる!

腹膜内にがんが広がる病気

悩み

癌性腹膜炎は他のがんが進行して転移してきたものであるため、がんの末期の状態であり、治療が困難である事が分かります。そのため、治療を行うに当たっては完治を目的とするものではなく、生活の質をどれだけ向上させる事が出来るかという事を目的とされています。

詳しくはコチラ

原因不明の不調

医者

自律神経失調症の特徴は、原因不明の体調不良が続くことです。原因がわからなければ、自律神経失調と診断される傾向にありますが、誤診であることも少なくないのです。誤診を避けるためには、少なくとも2、3の病院を回ったり、専門医を訪ねたりして確認すると良いでしょう。

詳しくはコチラ

命にかかわる病気を発症

看護師

血液中の脂肪の量

高脂血症は病気や健康診断などで血液検査を受けた時などに偶然発見されることが多いものです。痛みやかゆみなどの自覚的な症状が出ませんから高脂血症と診断されてもピンとくる人は少なくなっています。高脂血症とは血液の中に脂肪やコレステロールが増えすぎている状態を高脂血症と呼んでいて、自覚症状はなくても体の中では病気が進行している場合があり心筋梗塞や脳梗塞など、命に係わる重篤な病気を発症させてしまう原因ともなっています。症状がないからと言ってほおっておくわけにもいきませんので、早急に適切な治療を行っていく必要が出てきます。肝臓ではコレステロールを体内で一定に保とうとする機能を持っていますが、食事でコレステロールを大量にとっているとこの調節機能が働かなくなることがあります。

血液中の脂質を低減

食事の時の大量のコレステロールの摂取で肝臓の調節機能が働かなくなった体の血液の中には、脂肪とともにコレステロールが多く含まれて体中を循環することになります。食事で脂肪をとる量を制限すれば血液中の脂質が減るというわけではありません。食事で摂取するエネルギーの総量が大きければ、体に余ったエネルギーでコレステロールや中性脂肪が合成されていきます。そのため脂肪を摂取することを制限しても血液中の脂肪は増えることになってしまいます。一方野菜などに多く含まれている食物繊維には、腸管で糖や脂肪などを吸収したり調整したりする作用があります。食物繊維を多くとることにより血液中の脂質を低減することが可能になり血液中に脂質が多いという症状も改善することができます。

女性のがん

男性

乳がんは乳房に発生する悪性腫瘍です。女性特有のがんと思われがちですが、男性の乳がんも存在します。先進国・途上国問わず世界中に発症者がいます。遺伝的要因が比較的強く、出産経験の有無も発症リスクに影響を及ぼします。

詳しくはコチラ

Copyright© 2015 医療機関の専門治療で回復|高脂血症等の症状は進行を防げる!All Rights Reserved.