病棟

医療機関の専門治療で回復|高脂血症等の症状は進行を防げる!

原因不明の不調

医者

把握で備えられる

突然息苦しくなったり、手足が震えたり、立ちくらみを起こしたり、このような原因不明の不調が続く場合は、自律神経失調症の疑いがあります。自律神経失調症の特徴は、原因不明の様々な症状が続くということです。症状の例としては、慢性的な疲労、動悸、便秘、震え、頭痛、眩暈といったものから、精神的な焦り、イライラ、不安など、非常に多岐にわたります。ほぼ全ての症状が起こり得ると言っても過言ではありません。その症状の原因がわからなければ、自律神経失調症と診断される傾向にあります。実際には自律神経失調症の診断が誤りで、重要な疾患が見逃されていたというケースもあります。また、自律神経失調症を放っておくと、新たな疾患が生まれる原因となります。

病の早期発見を見逃さない

自律神経失調症だから大きな病気ではない、当面の心配は必要ないと放置しておくと、病の早期発見を見逃すことがあります。似たような症状が多いことから、誤診が非常に多いのも自律神経失調の特徴です。誤診の場合は処方される薬も誤りである可能性がありますし、その場合は症状が悪化することもあります。「自律神経失調症」と診断された場合は、少なくとも2、3の病院を回るようにするか、自律神経失調症を専門としている医師を訪ねるようにしましょう。また自律神経失調の治療法ですが、病院で治療する必要はありません。薬を飲むよりも、ストレス解消や生活習慣を見直す方が治りが早くなります。病院には、症状が我慢できないほど辛いときに行く程度にしましょう。

Copyright© 2015 医療機関の専門治療で回復|高脂血症等の症状は進行を防げる!All Rights Reserved.