病棟

医療機関の専門治療で回復|高脂血症等の症状は進行を防げる!

腹膜内にがんが広がる病気

悩み

病気の特徴と治療法の注意

癌性腹膜炎とは、腹腔内にある他の臓器のがんが進行し、末期になると腹膜全体にがんの結節が見られるという病気の事です。症状としては、悪心・嘔吐・発熱・呼吸困難などが発生し、重症になってしまうと全身が衰弱し、腸閉塞になってしまう事もあります。癌性腹膜炎になってしまうと、がんが末期で転移を起こしている状態であるため、完治をする治療が行えないという事が言えます。そのため、生活の質を向上させる治療を行うのですが、その治療法にも注意が必要です。癌性腹膜炎の治療の中の1つの方法として、腹水穿刺というものがあるのですが、それを行うと体液のバランスが乱れを起こすために、頭痛・めまい・血圧低下・ショックなどの症状が出てしまいます。

この病気の最新の治療法

癌性腹膜炎の治療は主に、全身薬物療法や、腹腔内に直接投与する腹腔内薬物療法や、利尿剤などを使うなどの薬物療法を始め、できたがんの大きさを減量させる外科手術療法や、症状を緩和させるために、溜まった腹水を減らすための腹水穿刺などが行われます。しかし、近年ではNK細胞療法という免疫療法が癌性腹膜炎の治療に効果的であると、注目を集めています。自分の体内にある細胞を血液という形で採取し、増殖・活性化させてから体内に戻すといった治療方法であるために、副作用や拒否反応が少なくて済むため、体に負担をかけずに治療を行う事が出来る事が分かります。また、体内の免疫力が活性化する事で、症状を改善に向かわせてくれると期待されています。

Copyright© 2015 医療機関の専門治療で回復|高脂血症等の症状は進行を防げる!All Rights Reserved.