病棟

医療機関の専門治療で回復|高脂血症等の症状は進行を防げる!

女性のがん

男性

概要と説明

乳がんは乳房にできるがんです。大半の乳がんは乳管から発生する乳管がんと呼ばれるタイプのがんです。世界中で普遍的ながんの一つであり、日本人では十六人の一人の割合で発症し、約二割の確率で死に至ります。子宮がんのように女性特有のがんと思われがちですが、男性が患う乳がんも少数ながら確認されています。基本的には加齢と共に発症するリスクが高まりますが、乳がんの活動自体は若年の方が高い傾向があります。乳がんを早期発見し、適切な治療が行われた場合、かなりの確率で良好な経過を辿る事ができます。一般的には乳房のしこりで異変に気付くと言われていますが、しこりが出ないタイプのがんもあります。マンモグラフィーによる検査が特に有効です。

原因と治療

乳がんは遺伝的要因が比較的高いがんでもあります。人種によっても結構な差が出ており、アジア系の乳がんリスクは相対的に低く、逆にヨーロッパ・アフリカ系は高い傾向を示しています。この他にも妊娠・出産歴がない、または出産回数が少ない女性も乳がん発祥のリスクが高いとの研究結果が出ています。普遍的な事では飲酒や喫煙、高脂肪の食事を取る人ほど乳がんを発症するリスクが高まります。乳がんの治療は他のがん治療と同じく、外科的手術による腫瘍部分の除去、放射線治療および薬物治療が基本となります。妊娠中に発覚した場合は、担当医師と相談した上で対策を取る事になります。化学治療は胎児に悪影響を与え、最悪のケースでは流産に至ります。

Copyright© 2015 医療機関の専門治療で回復|高脂血症等の症状は進行を防げる!All Rights Reserved.